賃貸契約の保証人サービス | 投資マンションで思い通りのシナリオを描ける

投資マンションで思い通りのシナリオを描ける

不動産

賃貸契約の保証人サービス

必須である連帯保証人

貯金箱

アパートを運用していて、店子にその部屋を貸すという契約をする場合には連帯保証人が必要です。これは大家にとってセーフティーネットともいえるものなので、契約の際は必ず確認しましょう。しかし、親族でなくてはならない等の条件もあり、なかなか連帯保証人になってほしいと頼むことができない人や、独り身の高齢者などにとっては、賃貸契約を結ぶことがとても難しくなります。そんな人にも広く部屋を借りてもらえば、よりスムーズに賃貸物件運営ができます。家賃債務保証会社を利用すれば、保証会社が店子の連帯保証人となってくれるので、親族などがいないような方でも賃貸契約を結ぶことができます。保証料として1ヶ月分の家賃の半分から70%ほどの会社もあれば、定額で1万円2万円という会社もあります。そうすれば店子はより部屋を借りるハードルが下がるでしょう。もし、店子が家賃を滞納してしまった場合は、この家賃債務保証会社が代わりに負担することになります。店子は後払いで保証会社に返済すればいいですし、大家にとっては家賃請求の面倒もないので便利なサービスです。

利用する際の注意点

貸す人にも借りる人にも大変便利なサービスである家賃債務保証会社ですが、利用する際には審査があることも知っておいてもらいましょう。不動産業者にその旨を伝えてもらえば、どのように審査されるのかを前もって部屋を借りようとしている人に伝えることが可能です。例えば、信販系の保証会社であれば、クレジット付きの審査を勧められますが、この審査はクレジットの審査レベルとなっているので、過去にトラブルがある方とは契約できない仕組みになっています。もちろん、それを省いた審査を店子候補の人が希望する場合がありますが、絶対審査したい点については大家がしっかり家賃保証会社と一緒に確認した方がいいです。家賃債務保証会社を利用した際に大家として便利なことは他にも、退去の催促を任せることができるというものがあります。